東京自然めぐり観察会

2008年4月に活動を始めた東京の自然を見て歩く観察会です。            気付かず通り過ぎてしまう身近な自然を、一緒に発見しませんか?

Entries

観察会参加者募集!

いよいよ、新年度がスタートしました。
サクラの花も咲いて、どこかへ出かけたくなる気分ですね。
少し早いですが、東京自然めぐり観察会のお知らせです。

        第35回東京自然めぐり観察会
『高尾の森で初夏の自然を感じる観察会 多摩森林科学園』

     多摩森林科学園風景  カワトンボ

多摩森林科学園は桜の保存林で有名ですが、
国内外の樹木を集めた広い森があり四季折々の自然が楽しめます。
様々な野鳥、昆虫などの生きものたちに出会えるのも魅力です。

 日時: 6月4日(日)10:00~14:30
 参加費: 大人500円 小中学生100円
         別途入場料 大人300円、子ども(高校生まで)50円
 多少のアップダウンがあります。歩きやすい履物でお越しください。
   昼食持参。
 お問合せ:  ritsu.a@jcom.home.ne.jp(浅野井まで)
 お申し込み: こちらをクリック!

皆様のご応募をお待ちしております。

 


スポンサーサイト

半蔵濠~北の丸公園 フィールド情報No.1

寒い日が続いていますね。
この暖かさ、異常・・・と思うより、寒い方が安心します。
2月25日(土)の観察会は、春の兆しを感じられることでしょう。
ちょっとだけ、ブログでお見せしちゃいます!

このフィールドは、本当に巨樹が多く、葉が落ちていても見ごたえ十分です。

「千鳥ヶ淵公園」と聞くと、「サクラ」ですが、欧州オークもお見逃しなく。
オークは材として使われるので名前をご存知かと思いますが、
ブナ科の仲間、ドングリを実らせます。
欧州オーク

千鳥ヶ淵の低木も一つご紹介します。
ヤブツバキ

冬に咲く花が少ないせいか、赤い花のせいか、とても目立ちます。
誰にアピールしているのでしょうね~
観察会でのお楽しみ

こんなに自由奔放な木・・・私みたいでしょうか???
葉が落ちていますね、何の木でしょう?
自由奔放

これも数少ない、冬に咲く花。もう、実になっています。
ヤツデ

これは、ヤツデ。トイレのそばに植えられるよりずっと幸せそうですね

今日は、観察会で見られる、ごく一部のものを紹介いたしました。
どうぞ、画面ではなく、実物を観にいらっしゃってください。

※ 2月25日(土)の観察会は締め切りました。
   たくさんのご応募、ありがとうございました!



次回観察会のご案内 ~半蔵濠から北の丸公園へ~

2月25日(土)の観察会は締め切りました。
たくさんのご応募、ありがとうございました!


毎日寒いですね。でも・・・
寒い時こそ、観察会。春を待つ気分でお楽しみください。
次回の東京自然めぐり観察会は東京の中心に位置する
半蔵濠から北の丸公園の間をめぐります。

皇居の濠端の散歩道には、多くの巨樹・巨木があります。
お濠周りの巨樹を楽しむには、落葉しているこの時期が最適です。
北の丸公園まで巡り、梅や椿の花をめでて、近づく春を一緒に喜び合いましょう♪

日時: 2017年2月25日(土)10:00集合(雨天中止)
場所: 千鳥ヶ淵公園から北の丸公園まで
解散: 12:30ごろ(現地)
参加費: 大人500円 小中学生100円 
持ち物: 飲み物、雨具、筆記具、観察用具、防寒具をお忘れなく!  
問合せ・申し込み:こちらをクリック!

巨樹

フィールドの最新情報は こちら をクリック


ご案内

プロフィール

shizenmeguri

Author:shizenmeguri
私たちは、自然観察指導員
東京連絡会のメンバーです。
自然観察の参加者募集中!!
ご希望の方は、申込みフォームから
お願いします。

FC2カウンター

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR