東京自然めぐり観察会

2008年4月に活動を始めた東京の自然を見て歩く観察会です。            気付かず通り過ぎてしまう身近な自然を、一緒に発見しませんか?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ武蔵野公園の観察会

毎日うだるような暑さですね。皆様おかわりございませんか?
武蔵野公園の観察会が近づいてまいりました。
公園内もすっかり夏の装いです。
見られる植物も生き物も夏らしく変わってきました。
今回は少し紹介して、皆様の参加をお待ちしたいと思います。

武蔵野公園の1番の特徴は、「苗木を育てている広い苗圃」です。
苗木1
2苗木


ですから、大きくなるユリノキも、武蔵野公園では腰の高さで見ることができるのです。
ユリノキ
先端のこの輪は、なんでしょうか?


イイギリにはこんな虫が見られます。
背中の模様のハートマークがかわいいですね。
じっとしていて、ほとんど動かないのはなぜなんでしょう?
エサキ


以前、見ていただいたエゴの木では、花のそばにあったものは
小さな穴があいています。誰が穴をあけたのでしょう?
不思議ですね。形は、まるでグローブのようです。
エゴ花と猫足2
         ⇩
エゴノネコアシ


ヤマナシの木にはこんなものが見られます。
ヤマナシ
花でしょうか?それとも実でしょうか?おもしろい形ですね。


こんなきれいな花もたくさん咲いています。
ワルナスビ
ところが「ワルナスビ」というかわいそうな名前なんです。
そして、人気がないのです。なぜなんでしょうか?


 がたくさん出てきて、いらいらさせてしまったら、ごめんなさい。
7月29日(日)10:00~12:30  の観察会ですべて解決します。
まだ参加者の定員まで、少しゆとりがございます。どうぞご参加ください。
「夏こそ私達の出番」とばかりに飛び回っているチョウやトンボたちと共に
お待ちしています。
ベニシジミ

シオカラトンボ

(文・写真)  大久保 多世子
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

shizenmeguri

Author:shizenmeguri
私たちは、自然観察指導員
東京連絡会のメンバーです。
自然観察の参加者募集中!!
ご希望の方は、申込みフォームから
お願いします。

FC2カウンター

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。