FC2ブログ

東京自然めぐり観察会

2008年4月に活動を始めた東京の自然を見て歩く観察会です。            気付かず通り過ぎてしまう身近な自然を、一緒に発見しませんか?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぞいてみよう、生きものの世界!

7月29日、猛暑の中、都立武蔵野公園で観察会を行いました。
連日熱中症のニュースが流れ、万全の準備で臨みました。

たぶん、アスファルトの都会はもっともっと暑かったのでしょうが、
さすが!武蔵野公園は木が多く、暑さを少しはしのげたようです。

観察会の様子

圃場になっているため、木は背が低く、
花や実や葉などを観察するにはモッテコイです

夏の主役、セミもパートナー探しの準備をしています。
アブラゼミ
このアブラゼミは、前夜羽化したのでしょう。
公園にセミの声が響くようになると夏本番です

日陰の草原をヒラヒラ飛ぶのはハグロトンボ。
黒い羽だから、日向を飛んだら、やっぱり暑いですよね
ハグロトンボ

近くに住んでいるという姉・弟の二人は
草の中にいるバッタやコオロギを見つけるのに夢中です
身体の色が緑色や茶色のバッタ、形が横に扁平だったり縦に扁平だったり、
顔の形も仮面ライダー型やネズミ男型・・・
生活の様式に関係あるんですね

エゴノキの実に穴がたくさん空いているのを
一人の子どもが見つけました
エゴヒゲナガゾウムシ

穴掘りの犯人、見つけた
お風呂に入っているみたいです

お顔もユニーク。別名ウシヅラヒゲナガゾウムシです。
武蔵野公園エゴヒゲナガゾウムシ (2)
牛の顔に見えるでしょうか

この公園のもう一つの魅力は、野川周辺の調節池です。
河川環境を整備するため、人々が自然と触れ合うため
自然再生の活動が行われている場所です。

野川第一調節池

環境に水があると、生きものの種類が多くなるのを実感できました。
カエルもトンボもクモも、生き生きと暮らしています。

ここの田んぼでは稲刈り、脱穀などのイベントが行われるそうです。
きっと美味しいお米がとれることでしょう。

*とんぼたんぼ2012秋のイベント
   稲刈り9月30日(日)9:30受付~12:30終了(荒天の場合は10/7に延期)
   脱穀・唐箕体験10月7日(日)(稲刈りが延期の場合は10/14に実施)
   参加費50円(保険代など)
   イベント参加ご希望の方は以下のブログをご確認ください。
   ↓クリック!
   小金井田んぼ日記

次回、当会の観察会は11月18日(日)、浜離宮恩賜庭園です。
お楽しみに!

(報告:市田  写真:松田、浅野井、市田)









スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

shizenmeguri

Author:shizenmeguri
私たちは、自然観察指導員
東京連絡会のメンバーです。
自然観察の参加者募集中!!
ご希望の方は、申込みフォームから
お願いします。

FC2カウンター

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。