東京自然めぐり観察会

2008年4月に活動を始めた東京の自然を見て歩く観察会です。            気付かず通り過ぎてしまう身近な自然を、一緒に発見しませんか?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬に行きました

               第21回 東京自然めぐり観察会
            『秋が近づくころの生き物たち』 @小石川植物園
               お申し込みはこちらから  参加者募集中!


今年は梅雨明けが早く、夏が苦手な私はどうしたらいいのか…

梅雨明け前に行った尾瀬の涼しそうな様子をお伝えいたします~

初めて尾瀬に行った時、
小学校で習った「夏の思い出」に出てくる『浮き島』ってなんだろう?
と思っていたら、本当に島が浮いていて感動しました
水草・水苔・泥炭などの塊の上に、湿生植物が生えています。

尾瀬ヶ原は数千年の自然の営みの結果生まれた

貴重な場所です。

この尾瀬を守ることを契機に生まれたのが
日本自然保護協会(NACS-J) HPはこちらから
東京自然めぐり観察会を運営しているのは
NACS-Jの講習会で出会った仲間たちです。

尾瀬と言えば、ミズバショウとニッコウキスゲ。
時期がずれているので、両方を見るのは難しいと思っていたら、
今回、両方見ることができて、ラッキーでした
ミズバショウ ニッコウキスゲ

湿地にはモウセンゴケ。モウセンゴケ ナガバノモウセンゴケ

次の日には至仏山に登りましたが、
その途中から見下ろした尾瀬ヶ原は、素晴らしかったです。
至仏から尾瀬ヶ原 遠くに見えるのは燧岳

そして、今回一番見たかったのがオゼソウです。
蛇紋岩地帯に生育します。オゼソウ

このような貴重な場所を守っていくのは
今を生きる私たちの義務だと思いました。

(写真・報告: 市田淳子)


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

shizenmeguri

Author:shizenmeguri
私たちは、自然観察指導員
東京連絡会のメンバーです。
自然観察の参加者募集中!!
ご希望の方は、申込みフォームから
お願いします。

FC2カウンター

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。