東京自然めぐり観察会

2008年4月に活動を始めた東京の自然を見て歩く観察会です。            気付かず通り過ぎてしまう身近な自然を、一緒に発見しませんか?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小金井公園 秋の生きものワンダーランド

第22回 東京自然めぐり観察会
        『~武蔵野の風と動植物の冬支度♪~』

小金井公園は武蔵野の雑木林が残され、
生物多様性に富んだ懐かしい自然があります。
秋の優しい陽射しのなか、雑木林を歩いてみましょう♪
   小金井公園  つるのリース 紅葉

日時: 2013年11月24日(日)
    10時~14時ごろ 小雨決行
場所: 都立小金井公園 HPはこちらから   
募集人数: 30名
参加費: 大人500円 小学生100円
申込み方法: 申込みフォームからお願いします。ここをクリック!
締切: 11月12日(火)
主催: 日本自然保護協会自然観察指導員東京連絡会 東京自然めぐり観察会

お申込みいただいた方には、開催日10日ほど前に
こちらから詳細のお葉書を郵送いたします。
奮ってご応募下さい

小金井公園の観察会下見報告です!

小金井公園は玉川上水に沿った広い公園です。
どれくらい広いかというと日比谷公園の約5倍だそうです。
桜の大木や古木があり、春には多くの人が訪れます。
でも小金井公園の魅力は桜だけではありません。

昨日出会ってきたいくつかの生きものたちをご紹介します。

まず印象的だったのは…
シラカシドングリ - コピー
ドングリ!
この写真はシラカシです。鈴なりです。
クヌギ、スダジイ、コナラ、マテバシイ…。
たくさんのドングリが落ちていました。
クヌギでは同行したHリーダーからクヌギの帽子(殻斗)の笛を教えてもらいました!
帽子のふちをコンクリートでこすって平らにして
両手の親指でふたをして、指先で小さな隙間を作り息を吹き込みます。
今までなんどやっても成功しなかったのに
上手に教えていただいたおかげで鳴りました。やったー。

次に出会ったのは
ジョロウグモ (3) - コピー
ジョロウグモ。
もう産卵の時期も近いので
オスも網にやってきています。
写真の場所はオスの来ている網がいくつか見られたのですが
どうもメス一匹のみの網が多くみられました。
なぜかしら。よく何匹ものオスがついている網が多いのに…。
その理由は…
1、小金井公園のジョロウグモは今風。結婚にこだわらない。
2、小金井公園のメスのジョロウグモは食いしん坊。ついオスを食べてしまう。
などと想像してみますがほんとうは
自然度、時期、クモの成熟度、日当たりなどいろいろな事情があるのでしょう。

そして2種類の宝石たち。
アカスジキンカメムシ (2)
顔や足までキラキラしています。
どうしてこんなきらびやかなんでしょう。

ノブドウ (2) - コピー
自然の色の微妙なグラデーションに思わず目が留まります。

このほかにもきれいな木の実を見ることができました。

そして最後は森のパンケーキ。

コガネタケ? (4) - コピー

きれいなキノコが群生していました。
コガネタケ? (2) - コピー
こんなのです。
そこら中からにょきにょき出ている場所がありました。
雨が多かったのでキノコにはいい条件だったのでしょうか。

観察会は3週間後。
昨日とは違った生きものたちに会えることでしょう。

          (写真・報告 浅野井律子)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

shizenmeguri

Author:shizenmeguri
私たちは、自然観察指導員
東京連絡会のメンバーです。
自然観察の参加者募集中!!
ご希望の方は、申込みフォームから
お願いします。

FC2カウンター

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。